ほくろ除去は実績の高いクリニックで【治療後のケアが大事】

適切な方法を知る

ほくろ

跡を残さずに治す

ほくろはできる部位によっては悩みの種になることがありますが、医療機関において除去することが可能です。その方法として、メスで切除することとレーザー治療が挙げられます。医療機関においてはまずほくろの種類から調べます。生まれつきあるものではなく、メラニン色素を含む細胞であるメラノサイトが肌の一部に集中している状態のものを指します。この細胞の集まりが皮膚のどの部位にできているかを診察する必要があります。皮膚の浅い位置から深い位置までさまざまな部位にできます。また、一般的にほくろは良性の腫瘍ですが、悪性腫瘍であるケースもあるので、その検査も行います。メスを使用して切除する方法は、ほくろ自体を切除するもので、昔から行われてきた治療方法です。治療後には縫合をするので一本の線のような跡が残ります。もうひとつの方法がレーザー治療です。メラニン色素が吸収しやすい波長のレーザー光線を照射することでほくろを除去できます。この方法は皮膚表面にやけどのような傷ができることから、比較的サイズの小さいものに向いています。また、皮膚の深い部位にできている場合、レーザーを照射する深さも深くなるので、そのような場合にはメスによる切除が適しています。治療においては除去したい部位に取り残しのメラニン色素を含む細胞があれば、時間の経過とともに再発する可能性があります。そのため、サイズや深さから最も適切な方法で治療を受けることが大事です。場合によってはメスによる治療とレーザー治療を組み合わせる事もあります。ほくろの除去は形成外科や美容外科で受けることができます。保険適用となる場合と全額自己負担となる場合があるので事前に仕組みを知っておくことがポイントです。病院選びの際にはホームページ等を参考にして治療実績を知ることが大事です。治療実績が多い方がさまざまな症例を経験しているので適切な治療を受けることができます。特にメスによる治療とレーザー治療の両方を行っている医療機関では、ほくろのサイズや深さにより、どちらの除去方法が適切か判断する必要があります。そのためにも治療実績は大事です。患者とのコミュニケーションを大事にしているかということもポイントです。治療したあとに跡が残る可能性もあることから、患者自身がどこまでの治療を希望しているのか伝えることができる医療機関が良いです。また、医師からの治療方法の説明に際して、メリットだけでなく、デメリットについても説明を受けて、それに納得できることがポイントです。メスを使用した切除、レーザー治療のいずれにおいても治療後は患部に傷ができます。これが跡にならないためには治療後のケアが大事です。治療だけでなく、治療後のケアについても適切に行う医療機関ならば安心できます。場合によっては再発することもありますが、その場合の対応も医療機関によってさまざまです。あらかじめ確認しておくことで安心できます。全額自己負担となる場合には、治療を受ける前にあらかじめ費用を確認しておくことで、必要な医療費の準備などをスムーズに行うことが可能です。この際には全体でかかる医療費を確認しておくと分かりやすいです。

上手に利用する方法

男性医師

飛び込みでも対応できるクリニックもありますが、基本的には予約が必要なので、ホームページを見ておきましょう。少し費用はかかりますが、炭酸ガスレーザーなら短時間で終わります。ただし大きく盛り上がったものは、メスでほくろ除去します。

詳しく見る

本人には気になる物です

診察

ほくろが沢山あるとコンプレックスになるので除去を希望する人が多く、さらに施術前に悪性かどうかの検査もしてもらえるので人気があります。施術は年中受ける事が出来るようになっていますが術後のケアの点からも紫外線の影響を受け辛い冬場が推奨されています。

詳しく見る

傷跡が残りにくいです

施術

顔や体の目立つほくろがあると、コンプレックスを感じている人が多く、皮膚科や美容皮膚科のクリニックでは、炭酸ガスレーザーや電気メスによるほくろ除去が受けられます。美容目的の場合は保険適用外の治療になります。

詳しく見る

Copyright© 2018 ほくろ除去は実績の高いクリニックで【治療後のケアが大事】 All Rights Reserved.